Loading...

真実の愛を探している全ての人たちへ

イメージ画像1

愛に傷ついている人たち

これまでの人生で、女性、男性問わず、知人や友人、
また、ネイリストとして、10年以上、
様々な境遇や、年齢層の女性たちを見てきました。
その中で、私は、愛に傷ついている人たちがたくさんいることに気づきました。

イメージ画像2


そして、何より、私自身も愛に傷ついてきた一人だったのです。
真実の愛と呼べるような、そんな美しい愛の形があることを私は、ずっと、潜在的に求めていました。
しかし、まだ、未熟だった昔の私は、真実の愛の姿を自分の外側の世界に探していたのです。

イメージ画像3


「誰かが自分を苦しい場所から助けてくれる。」
「誰かが私を守ってくれる、幸せにしてくれる。」
そのように、自分軸ではなく、自分の幸せを他人軸に任せていたのです。

恋愛だけに限らず、異性との関わり合いの中や、人と人との関わり合いの中でも、 悲しいと感じる経験を多くしてきました。
しかし、相手はそのままの相手だっただけで、 私は、自分が思う理想の愛の形を相手が表現してくれるはずだと期待していたのです。
また、そのようになってほしいと、相手が変わることを待っているだけでした。

イメージ画像4


人も物事も環境も、コントロールは出来ない。変えられるのは、いつだって、自分自身しかいない。
『変わった自分で相手に接するから、初めて、相手に何か影響を与えられ、変化を促がすことが出来る』のです。

真実の愛を伝える使命

思えば、いつも、私の恋愛は、相手の心の奥に、
愛に傷ついているという何かを感じ、惹かれてきていたようにも思います。
自分自身も真実の愛とは何か?を探しながらも、
そんな美しい愛を潜在的に求め探しているであろう、
その相手の心の傷を癒したいと感じていました。

イメージ画像5


そして、真実の愛があることを知って欲しいと、何か使命のようなものも感じていたのかもしれません。 様々な出会いの中で、様々な愛の形を学びました。
もちろん、傷つくことも、別れもありましたが、その全てが、『お互いに愛を学びあえた大切なご縁』だったと感謝をしています。 私の人生は、いつも、恋愛を通して、人として大きく変われたターニングポイントとなっていました。

だからこそ、真実の愛や無償の愛、無条件の愛と呼べるものがあることを伝えることが、私の使命であるとも強く感じていったのです。

ネガティブな当たり前が存在する悲しさ

『真実の愛』と聞いて、そのような愛を、時に人は、理想論だ、綺麗事だと、
そんな風に言う人たちもいるでしょう。
もし、存在していたとしても、それは、ある一部の少数の人たちが手に出来るものであると、
最初から諦めてしまっている。。
また、本当は求めていたとしても、声を大にして、
真実の愛を求めていることを口にすることが許されなかったり、 冷やかされてしまう、
そんな世の中の見えない無言の圧のようなものがあるのを感じることでしょう。

イメージ画像6


ですが、本当は誰もが心の奥で、『真実の愛と呼べるような美しい愛を本能的に求めている』はずです。 だけど、世の中に溢れてる恋愛や結婚に対する情報や、異性についての話、誰かの経験談は、いつも、 ネガティブなものにフォーカスされていることが多くあります。
もちろん、そういった情報も一つの真実だと思います。

ですが、まるで、誰しもが、そういったネガティブな状況に陥りやすいのものである、異性とはこういうものだからと、決めつけられているかのような、そんな、切り取られ方もされているはずです。

イメージ画像7


恋愛を通して、確かに、悲しかったり、 傷つけられたり、裏切られたりしてきた経験をされた方は、やはり、 夢みたいな理想論のようにも思えてしまうことでしょう。
そして、人は残念ながら、ネガティブな情報ほど、覗いてみたり、興味を惹かれやすいものであるとも言えます。

イメージ画像8


また、人は、一度、ネガティブなものに意識が向き始めると、 自然と違うネガティブなものを見つけようとしてしまうものです。
そして、
「ほら、また、ここにも見つけた」
「やっぱりそうだった」
と、自分にわざわざ、確信させてしまう。

イメージ画像9


自分の世界にも、その不幸が起こるんだと、勝手にその世界を採用していることもあるはずです。 そして、そう信じている時ほど、やはり、自分の現実にも、そのような出来事が起こり、 さらに、確信に変わっていってしまう..という、負のスパイラルが起こっている

この人生は全て、『自分の主観』を通して、様々な価値観や世界が出来上がっています。

イメージ画像10


『どのフィルターを通して世界を覗くか』は、本当は、自分で決めることが出来るのです。

    
 

あなたの望む愛は
あなたの内側に既に存在している

冒頭でもお話しましたが、私は、他人軸になっていた恋愛から、未熟だった自分を乗り越え、
自分の内側に、『自分軸』を戻すことが出来るようになりました。
しかし、自分軸を少しずつ取り戻せてきた頃、様々な経験による、異性に対する不信感で、
異性にも、恋愛にも、期待をしていない時期がありました。
そのような中で、「もう一度、愛を信じなさい」と言われたみたいに、
お守りのように大切にしたいと思える愛に出会いました。

イメージ画像11


その恋愛を通して、私は、真実の愛や無償の愛、無条件の愛と言われるような愛に、向き合わされ続けました。
そして、私がずっと求めていた愛は、既に、『自分自身の内側に存在していた』のだということに気づいたのです。
それに気づけた時、私の心はとても震えました。
泉のように溢れる愛が、自分の内側から、枯れることなく満ち満ちて、溢れ出てくる感覚に、とても嬉しく幸せな気持ちになりました。

自分以外の外側がどんな世界だったとしても、真実の愛も、無償の愛も、永遠の愛だって、もう揺らぐことなく、今、この私自身の内側にあると感じています。

イメージ画像12


これは誰にだって否定することは出来ない、私の中にある『一つの確かな真実』なのです。
今の私は、外側の世界に期待をしているのではなく、『自分自身の内側の愛を信じている』のです。

それは、誰かから幸せを得ようとしなくても、相手を自分の思うようになってほしいと、コントロールしようとしなくても、 『自分で自分を満たして幸せに出来ている状態』とも言えます。

イメージ画像13


自分がこれだけは一番大切にしておきたいという軸が、相手の中に一つあれば、あとは、どのような状況でも、 相手がどのような選択や行動をしていたとしても、相手の良いところも、欠けているところも全て含めて、 ただ、『そのままの相手を尊重し愛する』ことが出来る。

真実の愛は、『一人でいるよりも、二人でいる方がもっと自由になれる』ものだと思うのです。
真実の愛は、自分の外側の誰かが与えてくれるものではなく、まず、『自分の内側にその愛が在ることを知る』こと。

だけど、真実の愛は、『誰かを通して気づくもの』でもあり、自分一人では未完成で、 『相手と一緒に築き上げるもの』でもある。

イメージ画像14


そして、"運命の相手は自分自身で作れる"のです。

 

あなたの愛を諦めないで

真実の愛を求めながらも、愛に傷つき、形の見えない愛に対する恐れが消えない全ての方に伝えたいです。
あなたの信じる愛をどうか諦めないでください。
そして、あなたが求める愛は、あなた自身の中に既に存在していることを知ってください。
自分自身の内側にその愛が存在していることを知れば、期待は外側に向くことはなく、傷つくこともありません。

イメージ画像15


それは、『自分自身を何よりも信じている』ということでもあります。 あなたの中に、あなたの求める愛が存在し、自分自身がその愛を体現できるようになれば、無償の愛で相手を愛することも出来るはずです。

『自分自身も完璧ではないように、相手に完璧を求めることもない。』
相手を取り巻く条件や、メリットだと感じる部分を求めるのではなく、ただ、『そのままの相手を純粋に愛する』ことが出来る。

イメージ画像16


きっと、『誰しもがそのように愛されることを潜在的に望んでいる』のではないでしょうか。
そして、あなたの内側に、あなたが望む愛が存在していることを知れば、必ず、 『あなたの外側の世界にも、その愛は反映されていく。』

この世界は、全て、『あなたの内側の世界から始まる』のです。 その時、もう一つのことに気づくはずです。
形のない愛に恐れて見えなくなっていただけで、本当は、 『あなたの目の前にはずっと、愛が差し出されていた』のだということを。

イメージ画像17


それは、『自分自身の見る世界の視点が変わった』ということです。 あなたがあなたの信じる愛にフォーカスしたからこそ、あなたはその愛に、ちゃんと、目が向けられるようになったのです。
だから、どうか、あなたの愛を諦めないでください。
たとえ、あなたの外側に、どんな世界が存在していたとしても、誰かの否定的な言葉で、心が揺らぎそうになったとしても。。

これは、誰の人生でもなく、あなたの人生。
リスクを恐れて、愛に妥協してはいけない。
雑音に惑わされず、あなたの愛を生きてほしい。

あなたが信じたい愛と同じように、その愛を探している誰かがいるかもしれない。
自分のために、いつか出会う誰かのために。 もしくは、既に出会っている、その人なのかもしれません。

イメージ画像18


あなたがあなたの愛を諦めなければ、
『同じような愛は必ず共鳴し引き寄せられていく。』
そして、その時、"この人だ"と、心から分かるはずです..

※ご相談内容は、厳守致します。

※Lune de Amourは、如何なる宗教、団体、協会、個人にも一切帰属しておりませんので、ご安心くださいませ。

※私が行うセラピー等は、私独自のものです。治療行為ではありません。
私自身が生まれ持った感性とインスピレーション、これまでの人生の経験を通して学んできた感覚を皆様に シェアさせていただくものとなりますので、ご承知おきくださいませ。

「真実の愛」を探している全ての人たちへ。

友人とお茶をするような気軽な感覚で、恋愛に関するお悩みをお話していただけるセラピー/カウンセリングです。
【東京都内】【横浜市内】を中心に、対面セッションを行っております。